読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も順調に誤作動中

ASD.1980年生まれ東京都在住。

有機酸検査を受けました

有機酸検査

通っているクリニックで有機酸検査を受けることにしました。

有機酸検査とは、簡単に言うと、身体の中で必要な物質がきちんと作られているのか、作られていないとしたら何が作られていないのかを調べる検査です。

食事を摂ると、体内で消化、分解され、小さな化合物となります。物質Aから物質Bへ、物質Bから物質Cへ…といった形で化学変化が起きて、エネルギーが作られ、それによって生命活動が維持されています。
この身体にとって必要なエネルギーを生成するための、一連のプロセスのこと代謝といいます。
この代謝が行われる際に、活用されるものが「有機酸」と呼ばれるものです。
有機酸検査は尿を採取することによって、そこに含まれる元々腸内に存在していた善玉菌や悪玉菌、代謝の際に使われる有機酸の数値を調べることで、体内の健康状態をより詳しく調べることができます。
主に、消化器官の状態(カンジダなどのバクテリアがどれくらい存在しているか)や、脳に影響を及ぼす神経伝達物質の状態(セロトニンドーパミンなどが適切に作られているか)などを調べることができます。

自閉症などの発達障害を持つ人には、リーキーガット症候群や、腸内がカンジダバクテリアが存在していることが少なくなく、それによって神経伝達物質が適切に生成されないといった問題もあると言われています。

検査を受けることで、代謝のどこが問題なのかが分かり、それによって必要な栄養素を明らかにすることができ、症状の改善に結びつくことができる可能性があります。

検査キットをクリニックで受け取り、自宅で尿を採取して、冷凍保存した後、クリニックへ送付しました。結果が届くまでに約3週間かかるということです。

長年患ってきた、イライラ、情緒不安定、疲れやすさ、日中の眠気、慢性鼻炎といった不定愁訴の原因と対策法が少しずつ明らかになってきています。結果が楽しみです。

 

写真は、検査キットの中身。黄色い蓋のビンに尿を入れ、保冷剤と共に一日冷凍庫で凍らせた後、断熱パックの中にこれらを入れて、クリニックに返送します。

f:id:yudiary:20161016110232j:plain